日本監査役協会「KAM及びコロナ禍における実務の変化等を踏まえた監査役等の監査報告の記載について」公表

★2021/2/26に、日本監査役協会が「監査上の主要な検討事項(KAM)及びコロナ禍における実務の変化等を踏まえた監査役等の監査報告の記載について」を公表しています(リンクはこちらより)。

主な内容は以下の3点です

  1. 監査上の主要な検討事項(KAM)について
  2. コロナ禍を契機とする監査の方法の変更について
  3. 自署押印について

KAM:
監査報告書におけるKAM記述の本番年度となることから、会社法の監査役の監査報告書についてどのような記載が想定されるのか、というのを例示しています。

コロナ:
リモートツールの利用が劇的に進んでいることをどう表現するのか、を中心に記載がなされています。
特に、海外にグループ会社がある場合、当期、海外往査はほぼ不可能だったと考えられるため、従前のままの記述では誤解を招きかねないところもあるため、留意が必要かと思われます。

自署押印:
従前、監査役協会では真実性・信頼性の観点から「自署押印が望ましい」としてきていましたが、コロナ禍により困難になっていること、また押印文化がリモートワーク阻害となっているとの面もあることから、自署押印について3通り、さらに電子署名の考え方を例として示すことで対応を整理しています。

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可