2年間の変化(為替・株価)

3月決算の期末日が近づいてきました。

というわけではありませんが、この2年間で、為替レート、株価がどのように変化しているか、簡単にまとめてみました。

2019/3/262020/3/262021/3/26
USD/JPY※2110.62109.58109.24
RMB/JPY※216.4216.6616.70
日経平均※121,42818,66429,176
TOPIX※11,6171,3991,984
DJI(NYダウ)※126,38422,55232,619

※1
この2年間ということだと、やはり2019/12からのコロナ禍の影響が甚大だと思いますが、それでも株価は2年前と比べると大きく上昇している、というのが特徴的だと思います。
現時点では2年前と比較して景気がよい、という実感はありませんが、各国の大型財政出動の効果や、コロナ禍での移動の自由の制限からの解放(貯蓄が消費に回る)が織り込まれているということでしょうか。

※2
(もちろんその間、高低の変動はありますが)結果として対ドル、対人民元の為替レートも変動が小さいというのも意外な感じがします。

2020/3決算に際しては、多くの企業がコロナ禍の収束を「年内(2020/12)目途」「9月頃まで」と見立てていましたが、結果としては8月の第二波、直近の第三波と、残念ながら見立てどおりとはならず、現在、まだまだ収束は遠い状況です。

この1年は、不確実性が極めて高い環境下で推移しましたが、この先1年はどうなるでしょうか。

竹内由多可

前の記事

住宅ローン[2]