医療費控除

医療費控除とは、年間の医療費が高額になった場合に、その一部について所得控除とするものです。(詳しくは国税庁タックスアンサー1120(こちら))

もっともシンプルな適用パターンは、「自己負担額が10万円を超えたら、その超えた部分」ということですが、正確には以下のとおりです(タックスアンサー1120より)。また、これは「生計」単位ですので、「一家合計した医療費」と考えればよいかと思います。


医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  1. (2) 10万円

(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額


ここで気を付けたいのは、上記で「保険金などで補填される金額」といった文言が出てきますが、保険適用の医療費しか対象にならない、というわけではないという点です。

これはタックスアンサー1122、1128で詳細に説明されていますが、一般的にありそうなものを3点ご紹介します。

・歯の、自由診療のかぶせものの一部(タックスアンサーでは「金・ポーセレン」との文言ですが、セラミックやジルコニアもOKなようです)

・歯の、治療としての矯正(タックスアンサーでは「歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用」との文言)

・視力回復レーザー手術(レーシック手術)

なお、厳密に正確なところはタックスアンサーや、医療機関にてご確認ください。

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可

前の記事

地味に便利なキー

次の記事

巨額M&A