SDGs,ESG・・・

略称が次から次へと生まれる世の中です。

日本では、英語も漢字もひらがな・カタカナも、融通無碍に短縮してしまうのが器用であり面白いのですが、「正式名称」を忘れてしまうことや、そもそも覚えていないことも多々あります。

大事なのはコンセプトや、その言葉が現時点で有している意味合いであって、「正式名称」を必ず覚えなければならない、ということではないと思いますが、誤解防止やルーツ把握のために知っておいて損はないということで、思いつくままに書き出してみたいと思います。

今回は、1-2年で爆発的に登場することになった気がするSDGs,ESGを取り上げます。

SDGs:持続可能な開発目標
Sustainable
Development
Goals
いろいろなところで紹介されていると思いますが、私は外務省のサイトを参考にしました(こちら
”(SDGsとは)2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。”

ESG:環境・社会・ガバナンス
Environment
Social
Governance
経産省のサイトを参考にしました(こちら
”ESG投資は、従来の財務情報だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資のことを指します。特に、年金基金など大きな資産を超長期で運用する機関投資家を中心に、企業経営のサステナビリティを評価するという概念が普及し、気候変動などを念頭においた長期的なリスクマネジメントや、企業の新たな収益創出の機会(オポチュニティ)を評価するベンチマークとして、国連持続可能な開発目標(SDGs)と合わせて注目されています。”

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可