雇用保険 教育訓練給付

雇用保険には、「教育訓練給付」と呼ばれる、補助金制度があります。

簡単に言えば、一定の要件を満たした加入者については、一定の要件を満たした能力開発プログラム(例えば、資格取得やビジネス英会話など)の受講に際して、一定の補助を得られるというものです(厚生労働省のサイトはこちら

制度は「一般教育訓練給付金」「特定一般教育訓練給付金」「専門実践教育訓練給付金、教育訓練支援給付金」とありますが、スタンダードである「一般教育訓練給付金」のざっくりとした概要は以下のとおりです。

・雇用保険被保険者期間が累計で3年以上あることが必要。ただし初回は1年でOK(新卒入社2年目で受給可能)

・3年の被保険者期間が追加されれば、改めて受講可能(つまり、加入が継続していれば3年おきに受給可能)

・費用の20%をハローワークが負担。ただし下限4千円、上限10万円。

・修了証等の提出が必要

例えば「ビジネス英会話のプログラム(20万円)」であれば、20万円×20%=4万円の給付が受けられるということです。

給付を受けるためには、申請書、本人証明書類、マイナンバー確認書類の準備・提出等々、手間もかかるのが難点ではありますが、2割引きになるということであり、金額が嵩むプログラムの場合にはありがたい存在ではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可