直近不正ニュース_20210714

共通の要因あるのでは、と思わせる不正のニュースが続いているので、ご紹介します。

兵庫・西脇市課長が2000万着服、懲戒免職「競馬や競艇に使った」こちら

→「管理する外部団体の活動費や市の施設使用料など計約2210万円を着服」

PTA会計担当が1050万円横領 広島市西区の公立小・中学校こちら

→「横領した金を生活費に充てていた」

高知市の自主防災会元会長 70万円横領容疑で逮捕こちら

→代表を務めていた、他の団体の資金も流用していたようです(820万円の使途不明金があるとのこと)

【管理が弱くなる】

「外部団体」や「みんなが少しずつ出したお金」 → 管理意識が弱くなりがち → 個々の出金に際しての統制や、定期的なチェックの頻度が低くなりがち → 被害が大きくなってしまう。といった共通点があるように思われます。

【個人にとっては大きな金額】

例えば1,000万円という金額は、市の予算から見れば少額ですが、ほとんどの個人から見れば、とても大きなおカネです。

管理する側は、この「個人目線」の金額感で、「不正を行う気を起こさせない」統制を敷く必要があるのではないでしょうか。

【まさかあの人】

経理課長、PTAの会計担当(を頼まれる/やっていても周りが安心できる人物)、自主防災会長(を頼まれる/やっていても周りが安心できる人物)、ですから、きっと、「まさかあの人」なのだと思います。

しかし残念ながら、ほとんど全ての不正は「まさかあの人」によって実行されています。

誰であっても、きちんとした統制。少なくとも、被害を最小限にとどめる統制。これが大事だと思います。

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可