8桁日付を日付データに&データの表示形式適正化

【8桁数値を日付データに】

エクセルで作業をしていて、8桁数値になっている日付を目にしたことがあると思います(例:20210802)。

この形式でも、データとして使うときにそれほど不都合はありませんが、それでもピボットテーブルで月別に集計したいときなど、困ることがあります。それを解消する数式です。

例)A1セルにある「20210802」という数値を、以下のvalue式で日付データ化

 =value(left(A1,4)&”/”&mid(A1,5,2)&”/”&left(A1,2))

なんの変哲もない式ですが、便利なときには便利です。

なお、A1が2021、B1が8、C1が2といった場合には

=value(A1&”/”&B1&”/”&C1)

でOKです。

【データの表示形式適正化】

エクセルで、文字列になってしまっている数値を、何とか数値化したときなどに起きやすい気がするのですが、「数値をどうしても正しく表示してくれない」ということが、たまに起きます。(セルの表示形式もおかしくないし、文字列でもないのに、表示形式どおりに表示されない)

私はそういったときはこれまでは、

・セルが少ないとき : 対象セルを選択→F2(セル編集)→Enter(確定)

・セルが多いとき : どこかのセルに1を入力→そのセルをコピー→対象セルに対して「乗算貼り付け」

といった方法で対処していたのですが、先日、以下の方法があることを知りました。

・データ → 区切り位置 → 完了

たったこれだけですが、とても便利です。

ご参考になれば幸いです。

竹内由多可

前の記事

直近不正ニュース_20210714