-従業員による横領、架空売り上げ。
-部門予算達成のための在庫の水増し。
-海外子会社、国内子会社での経営幹部による不正。

マスコミに取り上げられる不正は、氷山の一角に過ぎません。不正は、驚くほど身近なものです。
不正が起きた時に、どうすればよいのか。監査法人対応は。再発防止策は。
そもそも、自社の現在の内部統制は、不正防止として効果的か。

さまざまなタイプの不正に対応してきた知見を活かし、的確なアドバイスをご提供します。

[対応した不正例]

  • 架空在庫の計上
  • 架空売上の計上
  • 循環取引
  • 押し込み販売
  • 会社備品の横領
  • 売上現金の横領
  • 交際費の不正使用
  • 取り込み詐欺
  • 簿外負債 等